グルメ

大阪発「いか焼き機」とは…専用調理機にびっくり! 新前橋の剣々

大阪名物「いか焼き」を提供するダイニングバー「剣々」(前橋市古市町)が6月にオープンしたことは前回記事でお伝えしました。今回は、いか焼きを調理するために製造された、その名も「いか焼き機」を紹介します。

いか焼きを自在に扱うマスター

おすすめ記事大阪のソウルフードを新前橋で ダイニングバー「いか焼き 剣々」オープン

「『焼きいか』ちゃうで~『いか焼き』やで!」 お店のチラシのキャッチコピーが心配(笑)するように、群馬県人の多くは、イカそのものを焼いたメニューを想像するかもしれません。違います。大阪発「いか焼き」の ...

続きを見る

プレスして両面を焼き上げ

大阪のいか焼きとは、生地の中にいかを入れて焼き上げる、お好み焼きのような食べ物。いかをそのまま焼く料理ではありません。

いか焼き機の特徴は、開閉式になっていて、上部の鉄板からも熱が出ること。プレスするように両面から焼き上げます。そうすることで「余分な水分が出て、水っぽさがなくなり、おいしくなる」とマスター。

貝のように開閉式になっているいか焼き機。

いか焼き完成!1枚200円からで、いろいろトッピングできます。写真は一番人気のチーズ&明太子

ちなみに機械の価格は30万円ほど。

本場、大阪でもいか焼きを家庭でつくる人は、あまりいないそうです。お店で食べる、庶民のファストフードですね。

いか焼き以外のメニューにも大活躍

いか焼き機はそれほど大きくありません。見た目50センチ四方でしょうか。いか焼きを作る以外に、肉とたまごを炒める関西名物「とんぺい焼き」(430円)をはじめ、焼き物全般に使われています。小さいけれど、店では大活躍しているいか焼き機でした!

新前橋駅から近い「いか焼き剣々」の店舗

おすすめ記事大阪のソウルドリンク登場 手作り「ミックスジュース」が350円 新前橋のいか焼き剣々

大阪の人たちに親しまれている「ミックスジース」 関東の人にはスーパーやコンビニで買う既製品としてのイメージが強いかもしれません。 大阪では阪急の駅が有名で、多くの人がスタンドで手作りミックスジュースを ...

続きを見る

おすすめ記事「極上の泡立ち」のスーパードライが飲める店 アサヒがお墨付き、ポスターに 新前橋のいか焼き剣々

新前橋で大阪の味を提供する「いか焼き剣々」(前橋市古市町)が、クリーミーな泡立ちの美味しい「スーパードライ」を楽しめる店として、アサヒビールから認められました。1月から、アサヒのグループ会社が作製した ...

続きを見る

いか焼き剣々 前橋市古市町1-43-7-103 営業時間 11時30分~23時(ラストオーダー22時30分) 定休日は設けてないそうです。 ☎027-289-5281

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-グルメ

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5