グルメ

カツカレー専門店 濃厚なルー、サクサクの「金沢カツカレー」 前橋市南町 

濃厚な味わいの金沢発祥チャンピオンカレーを楽しめるお店が前橋南町に昨年秋にオープンしました。

その名もカツカレー専門店「金沢カツカレー」

これ以上ないほどストレートな店名。いいですね。

オープン時から気になっていたので先日行ってきました。

お店は、新前橋方面から南部大橋を渡ってすぐの立地なので、東地区から行きやすいです。

赤い看板が目を引く「金沢カツカレー」

チャンピオンカレーとは

「チャンピオンカレー」とは、半世紀以上にわたり北陸で親しまれている老舗カレーチェーン。

ホームページによると、「チャンピオンカレー」は法人名で、地元では「カレーのチャンピオン」の店舗名で主に展開しています。

金沢カレーの歴史を知りたい人は、ホームページに詳細に載っていますので、ぜひご覧ください。長い歴史を持つ金沢の大切な食文化ということが伝わってきます。

金沢カレーは下記のような特長があるといいます。

ポイント

  • 濃厚で粘度の高いルー
  • カレールーの上にカツを載せる
  • カツの上にソースがかかっている
  • ステンレス製のお皿に盛りつける、など

系統のお店は全国にあり、今回オープンしたお店はこちらのチャンピオンカレーのルーを使用しています。

群馬県民にはあまりなじみがありませんが、高崎の「ゴーゴーカレー」や、新前橋にあった「CURRY ON」(閉店)などが提供し、群馬でも徐々に認知度は上がってきました。

メニューは「カレー」と「カツカレー」のみ

駐車場は店の前のほか、裏に数台分用意されています。

赤の看板を目にしながら扉を開くと、小さなこじんまりとした造り。食券を購入して注文するシステムになっています。

メニューは「カレー」と「カツカレー」のみ。中辛と甘口が選べるほか、チーズなどがトッピングできます。

シンプルなメニュー構成で、逆に新鮮でした。

店内で食べることもできますが、今回はカツカレー(600円)のテイクアウトにしました。ちなみにカレーは500円です。

テイクアウトは量の変更はできません。店内で食べる場合、「ラージ」「Wラージ」など、それぞれ100円増しで大盛りにすることもできます。

コスパ高い、テイクアウトも

店は男性が一人で切り盛り。待つことほんの数分。カツと、カレー・ご飯を分けて、二つの容器ででてきました。

軽くソースがかかった揚げたてカツの下には千切りキャベツ。肉は薄めですが、「これで600円は安い」と思えるような大きさ。

別容器に入れてあるため、カツはサクサク。味が濃いめなので、好き嫌いは分かれるところですが、がっつり豪快に食べたい人におすすめです。

レギュラーでも十分な食べ応えでしたので、ラージ、Wラージは相当な量だと想像できます。チャレンジする人はお腹をすかせて来店しましょう。

 

金沢カツカレー 前橋市南町 昼11~14時 夜17~20時 火曜定休

-グルメ

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5