行政

SNSを上手に使いこなしている市町村はどこ? 群馬県35市町村のフォロワー数を調べてみた

前橋市民の一人として、日頃から市のSNSから情報収集しています。他の地域はどうなってるのかと思い、群馬県内35市町村のツイッターとフェイスブックについて、フォロワー数を調べてみました。2月6日午前の数字になります。なお、前橋市の「ころとん」や玉村町の「たまたん」など「ゆるキャラ」や各観光協会のSNSもありますが、今回は対象にしませんでした。

下の表がSNSフォロワー数の一覧になります。

市町村ツイッターフェイスブック
前橋8380(まちの安全ツイッター)6660
高崎7478、防災情報1万3079
桐生4940
伊勢崎46581562
太田6635(広報課)
沼田46131803
館林1606
渋川2895541
藤岡1578
富岡665(防災情報)117(スポーツ課)
安中960
みどり
榛東
吉岡
上野681139
神流1896(町観光案内所)
下仁田587(町商工振興課)
南牧
甘楽347
中之条
東吾妻
長野原970
嬬恋41411427
草津
高山
片品
川場
昭和725
みなかみ4005
玉村
板倉
明和
千代田143109
大泉1615641
邑楽530

ツイッター高崎1万、嬬恋・みなかみ健闘 前橋はFB充実

全体からみると、ツイッター、フェイスブックはそれぞれ16市町村で活用。両方取り組んでいるのは10市町村でした。ツイッターのフォロワー数が最も多いのは高崎市防災情報で唯一1万に到達。前橋市の「まちの安全ツイッター」が8380で続きました。

概ね人口規模の大きな市でフォロワー数が多い傾向にあるなかで、嬬恋村が4141、みなかみ町が4005と健闘。ともに観光情報や雄大な自然の風景を載せており、町外のフォロワーも多そうですです。

フェイスブックのフォロワーは、前橋市が6660で最多。見ていても更新頻度は高いです。次いで桐生(4940)、高崎(3079)の順になりますが、人口規模を考えると、桐生が頑張っている印象。神流町は観光情報を発信する「町観光案内所」に1896のフォロワーがおり、町村部でトップ。嬬恋村は1427で、ツイッターとフェイスブック両方に力を入れているようです。

総じてみると、大きな市や観光地を抱える町村の活用が目立ちます。情報更新するにも手間がかかるため、職員数の多い自治体の方がやりやすい面があるのでしょうが、みなかみ町や嬬恋村をはじめ、小規模な町村でも力を入れています。SNSは費用がかからず、海外を含め広く情報発信できるため、小規模自治体ほど力を入れた方がいいともいえます。

また、災害時に情報伝達する場合にも日頃からフォロワーを獲得しておけば、万一の時にも、情報が波及しやすくなります。

SNS専従職員必要?

ツイッターは画像・動画にも対応しますが、短文テキストが中心で、拡散されやすい。一方、フェイスブックは画像・動画に加えて長めの文章も載せられるほか、顔が見えてコミュニティーづくりにもつなげやすい。それぞれの特徴を捉えながら、上手に使いこなせたらいいですね。

今後はSNS専従職員を配置する県内市町村も出てくるかもしれません。今回はツイッターとフェイスブックだけだったので、次はインスタグラムについても調べてみようと思います。

-行政

© 2020 あずまある Powered by AFFINGER5