市議会

近づく前橋市議選 過去5回の投票率を調べてみた 低下傾向続く

市民にとって身近な選挙である前橋市議選1月31日告示、2月7日投開票)が近づいてきました。

「選挙離れ」がいわれて久しいなか、同市議選の投票率も下降傾向が続いています。

過去5回を見てみると、2001年に59.53%だった投票率はその後一貫して低下。直近の前回4年前は43.62%まで下落しました。

ただ、山間地域などでは議員のなり手不足が問題となっていますが、前橋は前回定員を7人上回る45人が立候補しました。今回も定数を大分上回る立候補者がいると予想されています。

ちなみに、市議選では、2005年が宮城・粕川・大胡3町村との合併後初の選挙。2009年は2月の段階で同年5月に合併する富士見村はまだ入っていませんでした。2013年の市議選は現在の市域となっています。

市のホームページなどを参考に、市議選の投票率を表にしてみたので参考にどうぞ。

投票率 定数 立候補者数
2001年2月18日 59.53% 36 41
2005年2月20日 55.23% 36 39
2009年2月17日 55.22% 40 55
2013年2月17日 45.54% 38 40
2017年2月12日 43.62% 38 45

-市議会

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5