コラム

石を積むアート「石花」が面白い! 大利根緑地でイベント開催できないか

前橋市と高崎市の境界にあり、家族連れでにぎわう大利根緑地。

コロナ禍ということもあって、いつも以上に多くの人が訪れているようです。

緑地は利根川のすぐ近くにあって河川敷にも出られます。

行ってみると、子どもたちが遊んだのでしょう。

石が積み上げられていました。

まねしてやってみると、これが面白い。

「絶対に立たないだろうな」と思った石が立ったときは気持ちよかったです。

日本には、自然の石を積み上げて造形を楽しむ「石花」というアートに取り組む人たちがいます。

知られざる石花の世界について調べてみました。

 

「石花」とは

川や山などに転がっている石を芸術的に積み上げるアートは

海外では「ロックバランシング」、日本では「石花」と呼ばれています。

ロックバランシングを日本語で「石花」と名付けたのは「石花会」という愛好者団体。

※詳しくは同会ホームページをご覧ください。

何百年も前から、日本や中国で石を積むアートを「石花」と呼んでいたのかなと思ったのですが、

そうではないようですね。

それにしても、立てた石を花にたとえるのは言い得て妙。

日本国内の第一人者・石花ちとくさんを紹介した動画があったので、リンクを貼らせていただきます。

先端が細い石を積み、独特な造形美を生み出す、

まさにアートという感じです。

 

石花の魅力

自分でもやってみたろころ、なかなかバランスがとれず、難しい。

でも、だんだんと無我の境地というか、集中状態に入っていきます。

日常のことを忘れて、静かな心持ちに。

何度もチャレンジしていると、だんだん立ちそうになってきて、

バランスが取れる1点をみつけると、ぴたっと止まり、石が倒れません。

これが気持ちいい。

日常味わえない集中状態と、石を積めたときの達成感

この二つが石花の魅力と感じました。

達人の域に達するには、相当な時間と精神力がいるのでしょうが、

素人でも手軽に始められるのも魅力ですね。

全国で開かれている石花の大会

ロックバランシングは世界中に愛好者がいて、世界大会も開かれているとのこと。

インスタグラムで「#rockbalancing」と検索すると、たくさんの作品がでてきます。

みなさん、川や山で石を積んでいる人が多く、

雄大な自然を背景に積み重ねられた石は、ほんとにアート作品です。

積んだ石が上にいくほど大きくなっていたり、

小さな石でアーチをつくっていたりとレベルが高い。

石さえあればできる手軽さで、世界共通というのもいいですね。

石花会のホームページによると、国内でもイベントが開かれてきたようです。

「#石花」でインスタグラムを検索しても、たくさんの写真が見られます。

利根川で石花のイベントを

石花のイベントがあれば、参加してみたい人は多いのではないでしょうか。

小さなお子さんがいる家族にもいいですね。

大利根緑地横の利根川河川敷は河原が広く、駐車場もあるので、

イベントを開くのには、いい場所です。

ちょっとしたワークショップなどできたら、いいですね。

 

庭先の石でもできるので、みんさん、一度、ぜひ石花をお楽しみください!

 

大利根緑地 群馬県高崎市萩原町1008

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-コラム

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5