暮らし

ヒガンバナ見頃 緑のグラウンドとのコントラストがきれい 大利根中央公園

お彼岸を前に、大利根中央公園(前橋市大利根町)のヒガンバナが見頃を迎えています。

それほど本数は多くありませんが、西側道路沿いや園内にある公民館南側などに点在。

真っ赤な花と緑のグラウンドとのコントラストが映えています。

大利根中央公園西側に咲くヒガンバナ大

お墓や水田を守るために

ヒガンバナは、お墓に咲いているイメージがあって、ちょっと不吉なイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ウィキペディアによると、ヒガンバナは毒性植物で、墓を守るために植えられたという説があるそうです。

日本列島では水田の畦や墓地に多く見られ、人為的に植えられたと考えられている。その目的は、畦の場合はネズミ、モグラ、虫など、水田に穴を作り水漏れを起こさせるなど、水田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ようにするためとされる。墓地の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって荒されるのを防ぐためとされる

水田のあぜ道に咲いているのも、モグラなどから田んぼを保護する目的だったとされています。

知りませんでした。

山口百恵さんの歌にも

花言葉は「あきらめ」「悲しい思い出」という一方で、「情熱」や「独立」「再会」というポジティブな意味も。

別名は「曼珠沙華(マンジュシャゲ)で、山口百恵さんの歌のタイトルにもなっていましたね。

 

散歩などで大利根中央公園を通る際は、真っ赤な花を楽しんでみてはどうでしょうか。

実際の花を見てから、山口百恵さんの歌を聴くと、歌声が余計に心に染みるような気がしました。

 

大利根中央公園

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-暮らし

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5