グルメ

話題のブルーボトルコーヒー白井屋カフェに行ってきた 前橋に新名所の予感 

前橋の中心市街地に9月17日にオープンしたばかりの話題の「ブルーボトルコーヒー白井屋カフェ」(前橋市本町)に行ってきました。

アメリカ・カルフォルニア州オークランド発祥のコーヒーチェーンで、一杯一杯ハンドドリップで質の高いコーヒーを出してくれるお店。

前橋の街中では珍しいほど若い人や家族連れでにぎわっており、新たな人気スポットになりそうです。

アートな白井屋ホテル1階に

店は、アートな雰囲気にリノベーションされた白井屋ホテル1階、馬場川通り沿いにあります。

ホームページによると、前橋のほかに東京15店、神奈川2店、京都4店、神戸1店と22店あり、23店目となる白井屋カフェは地方都市として初めての店。

前橋で取り組まれている官民協働のまちづくりに共鳴し、出店を決めたとあります。

店の前にはブルーボトルコーヒーのマークである青いボトルが描かれた看板や、メニューが置かれていました。

メニューを見ながら迷っていると「何か分からないことはありますか」と店員さん。

暑かったので、アイスの「コールドブリュー」(550円)と「ニューオリンズ」(550円)の違いについて尋ねると、コールドブリューは水出しのブラック、ニューオリンズは甘くて飲みやすいオリジナルのミルクコーヒーと教えてくれました。

迷っている様子を察して、さりげなく話しかけてくれる接客に好感。

後でホームページを見てみると、「スタッフとのフレンドリーな会話やアドバイスと共に楽しんでいただきたい」とあるので、よくある画一的なマニュアルに頼らない接客をモットーとしているようです。

店員さんの雰囲気、たたずまいがかっこいいですね。

コーヒーに詳しそうなお客さんは親しそうに話していました。

チェーン店なのでしょうが、どこか個人店のような雰囲気がします。

店内はこじんまり。小さな円卓が7つ。

店内で飲むこともできますが、基本はテイクアウトを意識したつくりになっています。

コンクリート壁の中央にかかっている絵は、前橋市在住アーティストの白川昌生さんの新作アートとのことです。

迷ったあげく、コールドブリュー(550円)を注文してみました。

容器にはブルーボトルのマーク。SDGsにを意識しており、ストローは紙です。

アイスコーヒーの味はフレッシュで酸味のある味わい。暑い日にはぴったりでした(酸味が強めと感じる人もいるかもしれません)。

 

コーヒーの味を決める重要な工程となる焙煎について、YouTube動画があったので、リンクを貼っておきますね。

製造拠点となる「北砂ファクトリー」(東京都)で徹底した品質管理をしながら生豆を焙煎し、当日か翌日には各店舗に豆を届けているそうです。

にぎわいが生まれる予感

馬場川通りは、ブルーボトルコーヒー目当てとみられる人たちが結構歩いていました。

10代とみられる女性グループは、SNSに写真を投稿するのか、熱心にスマホでぱしゃり。

前橋の街中のにぎわいにもつながっていきそうです。

ほかにもブレンド(495円)やエスプレッソ(495円)、マキアート(506円)、カプチーノ(550円)など、いろいろとメニューがありました。

雰囲気のいいお店なので、また行きたいと思います。

 

ブルーボトルコーヒー白井屋カフェ

群馬県前橋市本町 2-2-15「白井屋ホテル」敷地内

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-グルメ

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5