年間利用者2万人増 移転新築後の東公民館 生涯学習活発に

 住民の文化活動、生涯学習の拠点となっている東公民館(前橋市箱田町)。東小学校西側にあった旧施設が老朽化したことから移転新築され、新たな施設が2015年3月に開所しました。移転前の13年度5万906人だった利用者は、17年度7万1300人と、2万人(40%)増加。施設が新しくなったことに加え、大通り沿いの立地の良さが要因と考えられます。

 内訳をみると、地域行事への協力などを条件に施設使用料が免除される「無料団体」の利用も30%増の4万6015人と増えていますが、大きく伸びたのは、使用料を支払う「有料団体」。5687人から1万5789人と、2・8倍になりました。交通利便性の良さから住民はもちろん、近隣の高崎市からも利用が増えています。

 活動する団体は多種多様です。なかでも、社交ダンスやフラダンス、フォークダンスなど、ダンス系は多彩。そのほか、合唱やゴスペルといった音楽の団体や、空手などスポーツの団体も活動しています。

 併設して、市立図書館東分館や、各種証明書を発行する東市民サービスセンターもあります。北側には東ふれあい公園が整備され、一帯は東地域のランドマーク的な場所に。一方で、利用者の増加から、駐車場が満車になるケースが多く、駐車場の確保が課題となっています。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中