カルチャー

「弓は心にいい」 初心者歓迎 道具貸し出しも 誠心館佐京弓道場(前橋市小相木町)

小鳥のさえずりが響く、緑に囲まれた弓道場。凛とした緊張感のなか、袴姿の愛好者が黙々と稽古に励んいます。

南部大橋近くにある誠心館佐京道場(前橋市小相木町)。東側には利根川が悠々と流れています。

公営の道場が多い中、県内でも少ない個人が運営する弓道場です。

35年前、自宅に開設

35年前、館長を務める佐京武數さんが、自宅の隣に開設しました。

火、木、土、日の週4回、いずれも午前中に開き、市内外から約30人が腕を磨いています。平日はリタイヤした人や主婦が中心。土日になると、会社員や学生も通ってきます。

「矢を的に当てよう当てようと思うと当たりません。戦う相手はなく、自分に克つことが求められる。精神的にいい。立ったり座ったりするから、体も鍛えられます」。佐京さんは弓道の魅力を、こう語ります。

定年後挑戦する初心者も

生徒の中に経験者もいますが、ここで初めて弓に触れる人が大半。定年を機に趣味を持とうと挑戦する人も多いそうです。

一方で、「始めたいけど道具をそろえるのが大変そう」と思う人は多いかもしれません。手袋だけは購入してもらう必要がありますが、弓と矢を貸し出しています。服装もトレーニングジャージから始めればいいそうです。

稽古を見学させてもらうと、みなさん姿勢がいい。撮影するのもはばかられるほど、深い集中状態にある様子。的の中心に当たっても、あるいは外れても表情一つ変えない。平常心を保つ精神が鍛えられそうです。

「弓道はいくつになってもできます。こんないいスポーツありません」

そう話す佐京さんは89歳とは思えない若々しさでした。

 

誠心館佐京弓道場 前橋市小相木町645-2 ☎027-251-5634

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-カルチャー

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5