新作「木面焼画」完成 今にも動きだしそうな龍 新井宏昇さん

はんだごてで板を焼いて絵を描く、独自のジャンル「木面焼画」の制作を長年続ける新井宏昇さんの新作が完成しました。精緻に描き込まれ、暗闇から浮かび上がる龍は、今にも動き出しそうです。

DSC_2514

新井さんは、生花・ゴルフ用品販売の「平和堂」(前橋市箱田町)を営む傍ら、19歳のときから45年間、木面焼画一筋で創作活動を続けてきました。

これまでも画面の一部に龍を描くことはあっても、龍そのものをテーマにするのは初めて。鱗一つ一つが丹念に描かれ、目玉の白い部分にも濃淡が付けられています。はんだごてを押し当てるため、板にわずかな凹凸ができ、立体感があります。非常に手が込んでいるのが分かりました。

ただ、「大変だったのは龍よりも背景だった」と新井さん。龍を浮かび上がらせるために、背景が重要だと言います。

はんだごてを接する時間が長ければ長いほど、焦げて黒くなります。しかし、一度に黒くしようとすると、失敗したときに後戻りができません。このため、白い部分から描き、はんだごてを慎重に何度も当て、黒くしていきます。

約1カ月間、1日10時間ほどかけて完成させました。

前回記事でも紹介しましたが、新井さんは日本手工芸美術協会の最優秀新人賞や同協会長賞、芸術新聞社賞をはじめ、数多くの受賞歴があります。

これまでに大小さまざまな作品を作ってきまひたが、小品3点紹介します。

DSC_2528 (1)

DSC_2538

DSC_2545

創作で心掛けているのは「丁寧に描くこと」。若い頃は早く完成させたいという焦りがありましたが、経験を重ねるにつれ、より根気強くなっているそうです。

自身が考えている作家としてのキャリアは80歳まで。15年という残り時間を意識しながら、より創作の密度は増しています。

作品を見たい人は、お店に行けば、見せてくれるそうです。

平和堂 前橋市箱田町660-1 午前8時~午後7時ごろ 年中無休 027-253-3181

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中