コラム

渋沢栄一に狙われた高崎城 「青天を衝け」で群馬の地域活性化を

実業家・渋沢栄一の生涯を描くNHK大河ドラマ「青天を衝け」が盛り上がってきました。

視聴率も健闘しているようです。渋沢の出身地は深谷市血洗島は群馬県伊勢崎市と接し、ドラマのせりふも上州弁とそっくり。というか、同じです。

国の役人時代には世界遺産・富岡製糸場の建設にも深くかかわりました。渋沢に親しみを感じる群馬の人は多いのではないでしょうか。

高崎城を襲撃して本拠地にと計画

本日4月25日放送の第11回タイトルは「横濱焼き討ち計画」。

尊皇攘夷実現のため、尾高惇忠、渋沢らは横浜の外国人居留地の焼き討ちを企てるのですが、最初の襲撃地として計画するのが高崎城です。

群馬県民としては、ちょっと複雑な気持ちはありますが、ドラマに「高崎」の言葉が出てくるのは、正直ちょっとうれしい。

史実では計画自体未遂に終わるのですが、なぜ高崎を狙ったのか。

ドラマで吉沢亮さん演じる栄一はこう語ります。

「岡部の陣屋では小さすぎるからな。ここから七里の松平右京亮(まつだいらうきょうのすけ)、八万二千石の高崎城を襲撃し、城を制圧して、武器弾薬を奪い、そこを本拠地に決起するんだ」

地元・岡部藩の陣屋より高崎城を襲撃した方がインパクトが大きく、大量の武器弾薬が手に入ると考えたことがわかります。

「青天を衝け」ロケ地は安中

このドラマは群馬県安中市がロケ地。渋沢自身が群馬とゆかりの深い人物であり、ドラマ自体も群馬で撮影されていることからも、渋沢人気にあやかって群馬をアピールできないかと思います。

自虐的でもいいから、渋沢に襲撃されそうになった高崎としてPRすれば、歴史好きの人が足を運ぶかもしれません。

また、渋沢は2024年度には新紙幣の肖像になることが発表されています。

今後も注目が集まる渋沢と群馬のゆかりを周知することで、地域活性化や地域経済の振興につなげられたらと思いました。

来週の「青天を衝け」第12回は「栄一の旅立ち」。また、「高崎城」のせりふが出てくるのではないでしょうか。緊迫した場面になりそうなので、次回も楽しみです。

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-コラム

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5