歴史

前橋市役所本庁舎が竣工40周年 議会棟は建設工事 

今年、前橋市役所本庁舎の竣工から40年になります。

市の広報紙によると、1981(昭和56)年6月20日に落成式が行われ、同年7月6日使用が始まりました。

旧庁舎は昭和29年に建てられ、その後、事務量が増加したため、本庁舎だけでは収まりきらず、5カ所に分散して事務を行っていたと記されています。

昭和29年当時17万人に満たなかった人口は、昭和56年5月末の段階で26万7500人にまで増加。本庁舎の建設は人口右肩上がり時代の要請といっていいでしょう。

前橋市役所本庁舎の概要

鉄骨鉄筋コンクリート造 地下2階地上12階
敷地面積 5,956.10平方メートル
建築面積 3,230.08平方メートル
延床面積 21,517.60平方メートル
建物の高さ 60.3メートル
(市のホームページ参照)

昭和41年に建てられ、老朽化が進んだ議会棟は南側隣接地で建て替え工事が進められています。

参考前橋市議会棟が令和4年夏完成へ 現庁舎南側に7階建て

老朽化が進んだ前橋市議会棟の立て替え工事が行われています。 市のホームページによると、完成時期は当初計画より遅れ、令和4年夏を予定しています。 現議会棟南側で始まった建設工事 昭和41年に建てられた現 ...

続きを見る

本庁舎は築40年が経過し、だんだん古くなってきている感じがしますが、市民サービスの拠点としてまだまだ大事に使っていきたいものです。

 

-歴史

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5