暮らし

街角の小さな植物園 上毛新聞TR社の見事な植栽 新前橋駅東口

当サイトでも何度かご紹介している、前橋市東地区の、街角にある気温計でおなじみの新前橋駅前にある上毛新聞TRさん。
(気温計についてはこちらの記事などをご覧ください)

今回は、上毛新聞TRさんの小さな植物園をご紹介したいと思います。
上毛新聞TRさんの建物は、2017年頃に改築、拡張されて現在の姿になりましたが、それと同時に、建物の道路沿いにちょっとした植物園が作られました。


現在の上毛新聞TRさん

建物の歩道沿いに植え込みがありますが、これが植物園と呼んで差し支えのないくらいのものになっています。
華やかな花を咲かせる植物はそれほど多くないため、あまり目立たず、ビルの前によくあるただの植え込みのように見え、特に車で通った場合など、気付かずに通り過ぎてしまう方も多いかと思われますが、ここには様々な種類の植物が植えられています。


こんな感じや


こんな感じ


庭石などもあって本格的

ただ、ここまでご覧いただいただけでは、確かにきれいに造られているけれども、植物園と呼ぶのはちょっと大げさではないかと思われるかもしれませんが、ここからが始まりです。


よく見ると何かある

近くで見るとわかりますが、植えられている植物1つ1つに、それぞれ名前などが書かれたプレートが立てられています。

そして、プレートに書かれている内容が本格派です。
植物の名前はカタカナで正しく書かれ、その下にラテン語の学名が書かれ、さらに分類は、「科」と「属」まで書かれ、「常緑低木」などのような、普段の会話ではあまり出てこないようなその植物の特徴を示す説明まで書かれています。
これはもう、立派な植物園と呼ぶ以外に呼び方が思いつきません。


ジンチョウゲの場合

さらに、植物の種類がどのくらいあるかというと、プレートの数をざっと数えてみたところ、正確に数え切れませんでしたが、70個ほどはありました。
これはもう、小さくて大きな植物園といって差し支えありません。
よく聞く名前の植物から、あまり聞かない植物まで多種多様な植物が植えられています。


「ワイルドストロベリー」は何となくわかりますが


「リグラリア"ブリットマリークロウフォード"」になると、わかるのは「キク科」であることくらい

また、夜間はライトアップされている場合もあり、そのときにはムーディーな雰囲気を味わうこともできます。


夜はとってもムーディー

上述のとおり、華やかな花が咲き乱れるという感じではないので、ファミリー向けというよりも硬派な学者肌向け、という感じになりますが、身近でこれだけの植物が一度に見られる場所はなかなかないと思いますので、ご興味のある方はぜひ一度足を運んでみられるとよいのではないかと思います。(K)

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-暮らし

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5