グルメ

24時間餃子が買える!無人販売所「パンダキッチン前橋江田町店」オープン

24時間営業の無人餃子販売所「パンダキッチン前橋江田町店」がオープンしました。

群馬の素材にこだわった冷凍餃子を購入できます。

ひときわ目立つパンダのキャラクターがインパクトがありますね。焼いてみたら、美味しい餃子を楽しめました。

パンダのキャラクターが描かれた店舗

ホームページによると、パンダキッチンは、前橋市石倉町のゼンフーズさんが運営。昨年9月に高崎市住吉町に1号店、今年1月に前橋市江田町に2号店を出しました。

前橋江田町店があるのは、県道前橋高崎線沿い。クスリのアオキ江田店の北側、山田うどん江田町店の南側になります。

とにかくパンダのキャラクターが目を引きます。中国ゆかりのパンダですが、餃子の店という感じはしません。

店内には、大きな冷蔵ショーケースが、どんと置かれていてシンプルなつくり。

メニューは焼き餃子と水餃子の2種類

メニューは焼き餃子、水餃子の2種類です。いずれも2パックが1セットになって税込1000円での販売。焼き餃子は1パックが15個入りの計30個、水餃子は1パック8個入り計16個で1セットになっています。

自動販売機だと思ったら、ショーケースから商品を取り出して、お賽銭箱のような料金箱にお金を入れる仕組み。防犯カメラもありますが、農村の野菜直売所のような、売り手と買い手の信頼にもとづいた面白いシステムですね。

料金箱

料金箱に2千円を入れて、焼き・水餃子を1セットずつ購入しました。

餃子の特徴を書いた説明書によると、具材にはぐんま麦豚、皮には国産小麦ゆめかおりを使用。味付けは、有田屋(安中市)の天然醸造しょうゆを用い、かつお節やサバ節、干し椎茸、昆布などでうまみを出しているそうです

焼き餃子

水餃子

パッケージ裏側に書かれた焼き方にそって、調理してみると、けっこううまく焼けました。

焼き餃子は、豚肉の「お肉感」があって、具材のうまみが強い。お醤油なしでもいけそうです。

驚いたのが水餃子。花のような形をしていています。

説明書の写真にあったように、くぼみにポン酢を入れて、薬味のネギを入れて食べてみました。

皮の厚みがあって、すごいモチモチ感。ボリュームも十分です。お鍋の具材にも良さそうですね。

個人的には、特に水餃子がおすすめです。もう一度、買いたくなるお味でした。

24時間いつでも手軽に買えるので、一度試してみてはどうでしょうか。(S)

パンダキッチン前橋江田町店 前橋市江田町593-1アンダンテビル

餃子関連の記事はこちら。

参考自販機ギョーザが美味 ファンが復活させた「餃子のみっちゃん家」

今回は高崎にある自動販売機を紹介します。 売っているのは飲料やアイスではなくて、餃子。 2019年8月に閉店した、持ち帰り餃子専門店「餃子のみっちゃん家」が自販機で復活し、新聞やネットニュースで取り上 ...

続きを見る

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-グルメ

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5