グルメ

手巻きずしを始めた理由は「○○」を食べてほしかったから さかな屋ゆう 前橋市大利根町

三陸産の魚介だけを扱う「さかな屋ゆう」(前橋市大利根町)は、外食では珍しく手巻きずしをメニューにしています。

一般的に手巻きずしというと家庭で食べるイメージが強いのではないでしょうか。

海苔に惚れ込みメニューに

手巻きずしを始めた理由は、ズバリ…。海苔を食べてほしかったから。

使用しているのは、三陸のアイザワ水産(宮城県東松島市)がつくる高級海苔「皇室御献上の浜」。文字通り皇室献上の実績を誇る製品です。

店主の高橋裕貴さんが、その味に惚れ込み「この海苔を食べてほしいから」と手巻きずしをメニューに加えました。海苔だけを店頭で購入することもできます。

手巻きセットは1580円。この日はカツオやメカジキ、ミズダコなどが具材。主役とも言える皇室献上の海苔に、ご飯と刺し身を載せて甘みのあるお醤油につけて一口で頬張ってみました。海苔は厚みがあってパリパリというのではなくしっとりとした食感。三陸の味が口の中で一つになって美味しくいただきました。

きゅうりと豆腐がたっぷり入った冷や汁も夏にぴったり。おすすめです。

 

髙橋さんは東日本大震災後、被災地でのボランティア活動を通して現地の人が食べている魚の美味しさを知りました。その味を伝えたいと昨年11月、地元の前橋市大利根町にさかな屋ゆうを開きました。

同店の記事はこちらをどうぞ。

参考三陸専門の「さかな屋ゆう」オープン 容器持参、海守るためトレー使用しない鮮魚店 前橋市大利根町

三陸産の魚介に特化した鮮魚店「さかな屋ゆう」が11月11日、前橋市の大利根ショッピングセンター内にオープンしました。焼きのりやラーメン、お酒など三陸地方の加工品も合わせて販売。併設するイートインコーナ ...

続きを見る

参考「三陸の営業担当という気持ちで」 さかな屋ゆう(前橋市大利根町)高橋裕貴さんインタビュー

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

続きを見る

海苔に魚、調味料と三陸の味にこだわった手巻きずしを味わってみてはいかがでしょうか。

 

お店のフェイスブックインスタグラムがありますので、お店の最新情報を知りたい方はこちらをご覧ください。

さかな屋ゆう 前橋市大利根町1-38-2

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-グルメ

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5