暮らし

乗車人数が逆転 伊勢崎駅が新前橋駅を抜く 2021年度

JR東日本が2021年度駅別の1日当たり乗車人数を発表しました。ホームページで公表している2000年度以降をさかのぼってみると、県内は高崎、前橋、新前橋、伊勢崎の順が定位となっていましたが、初めて伊勢崎駅が新前橋駅を抜き、3・4位が入れ替わりました。

2021年度の1日当たり乗車人数は、高崎2万2940人(前年度比13.5%増)、前橋7901人(8.2%増)、伊勢崎4920人(11.4%増)、新前橋4804人(8.7%増)でした。新型コロナウイルス流行に伴う休校措置がとられた前年度から回復しました。

かつては新前橋が伊勢崎を大きく上回る

かつては新前橋が伊勢崎を大きく上回っていました。20年前の2002年は新前橋6032人に対し、伊勢崎4844人と1000人以上の差がありましたが、徐々に差は縮まり、10年前の2012年は新前橋5877人、伊勢崎5406人となりました。

さらに、2019年度は新前橋6160人に対し、伊勢崎6058人とその差は約100人に。新型コロナウイルスの影響で各駅が軒並み乗車人数を落とした2020年度は新前橋4441人、伊勢崎4418人と、その差はわずか約20人となり、2021年度に入れ替わった格好です。

2000年度以降の推移をグラフにしてみました。

県内の乗車人数は高崎がダントツに多く、前橋2位は不動。新前橋は3位が定位置でしたが、今回伊勢崎が3位に浮上しました。こうしてグラフを見ると、新前橋が減らしたというより伊勢崎が徐々に増やしてきたことが分かります。

乗車人数増加の背景の一つには伊勢崎の人口増があるとみられます。2022年度はどうなるか今後の動きを注目したいと思います。

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-暮らし

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5