グルメ

冷やして ひんやり ほうじ茶 お茶専門店の小松園(前橋市大利根町)  

夏に飲む冷たいお茶といえば、麦茶が代表格ですが、ほうじ茶も一味違った趣があっていいですね。明治40年創業、お茶の小松園(前橋市大利根町)は、ほうじ茶を手軽に飲めるティーパックや、水出し用ボトルを提案しています。同店は「まだまだ暑い日が続きます。冷茶で水分を」と勧めています。

大利根ショッピングセンターにあるお店の前には「ひんやり冷やし焙茶」ののぼり旗が。眺めているだけで、涼しくなってくる気がします。

一押しは、ティーパックタイプの「ゆうきすくすくほうじ茶」(20袋入り、税込み648円)。

無農薬栽培したお茶を用いた有機JAS認証の製品で、パッケージ裏の説明には、煎茶よりもカテキンやカフェインが少なく、「赤ちゃんにやさしい味」をうたっています。

作り方は簡単。水1リットルに対し、ティーパック1個を入れ置いておけば出来上がり。

飲ませていただくと、「赤ちゃんにやさしい味」が分かる丸みのある口当たりでいて、ほうじ茶ならではの香ばしさがあります。

水出し茶に専用ボトル

ティーパックではなく、茶葉から水出し茶を楽しみたい人には「フィルターインボトル」がお薦め。

蓋の内側に付いたフィルターに茶葉を入れ、水を注いで、しばらく待つだけ。見た目もワインボトルのようでおしゃれです。価格は750mlボトルが税込み2160円。300mlは同1944円。

「もっとパンチのある味がいい」という人には、お湯で濃いめにいれ、湯呑に氷を入れて注いぐ飲み方がいいそうです。

前回の記事で紹介したかき氷も販売中。近くの学習塾に通う子どもや部活帰りの高校生、近所のお年寄りらが立ち寄り、好評です。

かき氷を食べた人には、冷たいほうじ茶が付いてきます。かき氷に、冷やしたほうじ茶…日本の夏ですね。

お茶の小松園 前橋市大利根町1-37-10  営業時間 午前9時~午後7時 日曜定休 ☎027-251-3200

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-グルメ

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5