冷やして ひんやり ほうじ茶 お茶専門店の小松園(前橋市大利根町)  

投稿日:

夏に飲む冷たいお茶といえば、麦茶が代表格ですが、ほうじ茶も一味違った趣があっていいですね。明治40年創業、お茶の小松園(前橋市大利根町)は、ほうじ茶を手軽に飲めるティーパックや、水出し用ボトルを提案しています。同店は「まだまだ暑い日が続きます。冷茶で水分を」と勧めています。

DSC_2307

大利根ショッピングセンターにあるお店の前には「ひんやり冷やし焙茶」ののぼり旗が。眺めているだけで、涼しくなってくる気がします。

一押しは、ティーパックタイプの「ゆうきすくすくほうじ茶」(20袋入り、税込み648円)。無農薬栽培したお茶を用いた有機JAS認証の製品で、パッケージ裏の説明には、煎茶よりもカテキンやカフェインが少なく、「赤ちゃんにやさしい味」をうたっています。作り方は簡単。水1リットルに対し、ティーパック1個を入れ置いておけば出来上がり。飲ませていただくと、「赤ちゃんにやさしい味」が分かる丸みのある口当たりでいて、ほうじ茶ならではの香ばしさがあります。

DSC_2249

DSC_2289
ティーパックに水を入れておけば出来上がり。麦茶の要領ですね。

ティーパックではなく、茶葉から水出し茶を楽しみたい人には「フィルターインボトル」がお薦め。蓋の内側に付いたフィルターに茶葉を入れ、水を注いで、しばらく待つだけ。見た目もワインボトルのようでおしゃれです。価格は750mlボトルが税込み2160円。300mlは同1944円。

DSC_2270
水出しのお茶を手軽に楽しめる「フィルターインボトル」。
DSC_2296
ティーパック以外のほうじ茶も充実しています。

「もっとパンチのある味がいい」という人には、お湯で濃いめにいれ、湯呑に氷を入れて注いぐ飲み方がいいそうです。

前回の記事で紹介したかき氷も販売中。近くの学習塾に通う子どもや部活帰りの高校生、近所のお年寄りらが立ち寄り、好評です。かき氷を食べた人には、冷たいほうじ茶が付いてきます。かき氷に、冷やしたほうじ茶…日本の夏ですね。

お茶の小松園 前橋市大利根町1-37-10  営業時間 午前9時~午後7時 日曜定休 ☎027-251-3200

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3212.9733625889853!2d139.05768261467182!3d36.36142409997594!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x601ef2be443f1877%3A0x358b00b0196f6388!2z44CSMzcxLTA4MjUg576k6aas55yM5YmN5qmL5biC5aSn5Yip5qC555S677yR5LiB55uu77yT77yX4oiS77yR77yQIOWwj-advuWckg!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1532065008161&w=400&h=300]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です