コラム

東ふれあい公園は大成功といっていい コロナ禍で広がる公園の役割

コロナ禍になり、以前よりも公園に行く機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。

3密を避けて屋外スペースを求める家族連れで県内の公園はどこもにぎわっています。

子どもたちが遊ぶ「昔あった光景」

前橋市東地区には2018年4月、「東ふれあい公園」(前橋市箱田町、小相木町)が新設されました。

東公民館と接しており、連日多くの親子連れが足を運んでいます。

開設から3年が経過し、公園の設置は利用者の多さからいっても、市の施策として大成功といっていいでしょう。

開園まもない頃に書いた記事はこちら。

参考東ふれあい公園 前倒しで全面開放 愛護会が月1清掃へ

2018年4月に開所しながらも芝生養生のため立ち入りが一部制限されてきた、東ふれあい公園(前橋市箱田、小相木町)が今月、全面利用できるようになりました。 当初、広場の利用は8月からとしてきましたが、前 ...

続きを見る

休日だけでなく、平日の放課後も子どもたちが元気よく遊ぶ「昭和の光景」が広がっています。

理由の一つに考えられるのは、開放的なつくりのため、死角がなく、安心して遊べるということ。

子育て世代のほか、散歩をする高齢者、スポーツをする若者など、さまざまな人の目があることで、防犯的にも安全を感じられる空間になっています。

また、隣接する東公民館には市民サービスセンターや市立図書館東分館があり、行政が近くにある安心感があります。

東公民館

キッチンカーが来てもいいのでは

規模の大きな公園には、よくキッチンカーが出店していますが、休日、東ふれあい公園に出店を許可してみてはどうでしょうか。

前橋市は本年度、キッチンカー事業者に対する補助事業を実施します。

前橋市キッチンカー事業者補助金

また、前橋市まちづくり公社は、街中の「前橋中央イベント広場」で、キッチンカー向けに区画を貸し出しています。

東ふれあい公園には多くの利用者がおり、出店区画があれば市内事業者の支援にもつながります。

衛生面やごみの問題などありますが、キッチンカー出店は公園利用者にとっても、うれしいこと。

コロナ禍で旅行や外食を控える人が増えるなか、歩いて行ける公園に、そうした場があれば、住民の息抜きにもなるでしょう。

小規模イベントスペースに

ワクチン接種が進み、コロナ収束後の話になりますが、東ふれあい公園を小規模なイベントスペースとして活用はできないでしょうか。

コロナが流行る以前の2019年5月、東地区の「のびゆくこどものつどい・ふれあいの広場」が開かれました。

この行事は数千人が来場しましたが、こうした規模の大きなイベントだけでなく、芝生広場を利用して、演奏会や絵本の読み聞かせなど、小規模イベントを開いてみるのはどうでしょう。

参考前年超えの「4500人以上」来場 新会場で満足度アップ!? 東地区のびゆくこどものつどい

子どもたちが待ち望んでいた前橋東地区の第35回「のびゆくこどものつどい・ふれあいの広場」が5月19日、新会場の東ふれあい公園と東公民館で開かれました。 抜けるような青空のもと、芝生広場ではポニー乗馬や ...

続きを見る

公民館の利用団体や、市内事業者などが気軽に活用できる空間になれば、地域の活性化にもつながります。

コロナ禍になり、個人的にあらためて「公園は大事だな」と思う機会が増えました。

今後、多くの人が交流する公園の役割、可能性はますます大きくなっていくと思います。

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-コラム

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5