グルメ

予定通り閉店 12月11日に旅する餃子「純風゜」とりせん新前橋店 次の出店場所は?

10月にオープンしたテイクアウトの生餃子専門店「純風゜」とりせん新前橋店が12月11日(日)に閉店します。

もともと2ヶ月程度の期間限定店だったので予定通りの店じまい。

12月15日(木)から高崎市のとりせん小鳥店前に移転オープンするそうです。

純風゜とりせん新前橋店前の閉店を知らせる掲示

ホームページによると、純風゜は名古屋の名店からのれん分けした餃子店で、「旅する餃子」の店として北関東で期間限定店を展開。とりせんやカインズなどの店舗前に出店し、約2か月間営業した後、他の場所に移転する営業スタイルをとっています。

新前橋店は今年10月6日、もともと宝くじ売り場があった場所に開店しましました。

一番人気というスタンダードな「純風゜冷凍生餃子」は30個入り1100円。しそ餃子やピリ辛餃子など季節限定品も用意しているほか、

現在はよりどり2点2000円(税込)という閉店セールも実施しています。

名古屋にルーツがあるため、八丁味噌のタレも。あまじょっぱい味なので焼きまんじゅうに慣れた群馬県民には親しみやすそうです。

八丁味噌のタレ(左)と食べるラー油(10月8日撮影)

とりせん新前橋店前に戻ってくるかは未定だそうですが、戻ってきたとしてもおよそ1年後になるそうです。

前橋東地区では他にカインズ前橋川曲店前に出店していました。その店舗は、現在カインズ大胡店前で営業中といいます。

新前橋店は12月11日までなので食べたいと思っていた人は残り期間の中で試してみてはどうでしょうか。

 

 

 

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-グルメ

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5