コラム

前橋初の100歳 昭和44年10月15日号 広報紙で振り返る前橋①

「人生100年時代」。最近よく耳にしますが、100歳まで生きることが珍しかった時代の人が聞いたら、「信じられない」というにちがいありません。

前橋市の広報紙バックナンバーを眺めていたら、「本市初の100歳」という見出しが目に飛び込んできました。

昭和44年10月号で、山田さんという女性が100歳の誕生日を迎え、市長から祝品を贈られたという記事です。

明治3年生まれの山田さんが1ページ目に大きな写真とともに紹介されています。

当時100歳を迎えることががいかに難しかったことが伝わってきました。

いま100歳以上は228人

いま前橋に100歳以上の人は何人いるのでしょうか。

市のホームページによると、2021年6月末現在228人。このうち105歳以上が20人います

隔世の感がしました。105歳以上が20人というのも驚き。

栄養事情が良くなり、医療は進歩しており、さらに人々の健康意識も高まっています。

今後も寿命が伸びていけば「人生100年」が当たり前になる時代がやってくるかもしれません。

ただ、国立社会保障・人口問題研究所が公表している「日本の将来推計人口」によると、2065年には日本の人口は8,808万人にまで減少。高齢化率は38.4%に達し、国民の約2.6人に1人が65歳以上になると推計しています。

人類が経験したことのない超少子高齢社会に進んでいくなかで、長生きするだけでなく、健康に年をとる大切さを感じます。

 

 

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-コラム

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5