コラム

じわり再注目の大利根ショッピングセンター レトロな雰囲気、新店相次ぐ

群馬県内の大規模住宅団地の走りとして半世紀前に造成された大利根住宅団地。

この中にあり、かつては大勢の買い物客が訪れた大利根ショッピングセンターは近年、空き店舗も目立っていましたが、この秋、二つの新店が相次いでオープンするなど、変化の兆しが見えてきました。

昭和レトロな雰囲気を残すショッピングセンターにじわり注目が集まっています。

かつては朝市も

往時は多くの人でにぎわった大利根ショッピングセンター。県内でチェーン展開した食品スーパー「ヤナイストアー」の発祥の地でもありました。地元の人の話によると、朝市が開かれていた時期もありました。

 

まだ空き店舗もありますが、11月1日に手打ちパスタとウイーン焼き菓子の店「マンネ」、同じ月の11日には三陸の鮮魚を専門に提供する「さかな屋ゆう」が開店しました。

参考11月1日オープン!手打ちパスタとウイーン焼き菓子「マンネ」 店名に込めた思いとは

前橋市大利根町に楽しみなお店が11月1日オープンしました。 手打ちパスタとウィーン菓子の店「マンネ」。 開店を告知する張り紙があったので、楽しみにしていた地元の人は多いのではないでしょうか。 ご夫婦で ...

続きを見る

参考三陸専門の「さかな屋ゆう」オープン 容器持参、海守るためトレー使用しない鮮魚店 前橋市大利根町

三陸産の魚介に特化した鮮魚店「さかな屋ゆう」が11月11日、前橋市の大利根ショッピングセンター内にオープンしました。焼きのりやラーメン、お酒など三陸地方の加工品も合わせて販売。併設するイートインコーナ ...

続きを見る

このほか、老舗の「小松園」や「綿貫豆腐店」のほか、2019年4月に開業した「カフェなにも」などが並び、新旧の飲食店や商店が共存しています。

参考大利根町に待望のカフェ 良質食材でお母さんたちの手作り料理 Cafeなにも

前橋市大利根町の大利根ショッピングセンター内に4月10日、「Cafeなにも」がオープンしました。食について独自の基準を設ける生協「生活クラブ」や群馬県産の食材を使用し、〝お母さんたち〟が手作りした料理 ...

続きを見る

レトロな雰囲気、駐車場台数も武器に

レトロな雰囲気のほか、駐車場スペースが広いのも大利根ショッピングセンターの強みです。

近くには大利根中央公園があるので、今後、コロナが収束すれば、ショッピングセンターと公園を活用したイベントも開けるのではないでしょうか。

 

大利根町の高齢化は東地区の中でも進んでいます。一丁目は36.23%(2021年6月末現在)、二丁目は41.34%(同)で、市平均29.61%を上回っています。

歩いて買い物ができる環境を整えることが、より求められる地域でもあります。

一方で、古い大きな住宅を取り壊し、以前よりも小さな区画にして、新しい家の建設が目立っています。

大利根ショッピングセンターが、そうした若い人も含めて幅広い世代が、買い物や飲食を楽しめる場として、より盛り上がっていけばいいですね。(S)

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-コラム

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5